« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

『スリッパ、誰の?』日記3─再演の怖さ

再演、怖いです。

「一度やっているから大丈夫でしょう」と

思われるでしょうが、

そこに落とし穴があるのです。

一度やっているからこそ

前回の「なぞり」に陥り、

表現として弱くなってしまいます。

避けるには再構築しかないのですが、

前回の「声」や「動き」が身体の奥に残っていて

頻繁に邪魔をしてくれるのです。

あー、しんどいわー。

さて、今日からは『スリッパ、誰の?』の稽古は一時中断

子供演劇アカデミー卒業公演の裏方につきます。

土日の本番に向け

この3日間はバトルです。

──────────
喜劇『スリッパ、誰の?』

2008年6月10日~22日

水戸芸術館ACM劇場

水戸芸術館HP:http://www.arttowermito.or.jp/
制作担当者ブログ:http://www.arttowermito.or.jp/blog/tsujimoto/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『スリッパ、誰の?』日記2

ちあきさん、コメントありがとうございました。高校生の頃からACMを見てくれてたのですね。うれしいなあ。

喜劇『スリッパ、誰の?』

実は再演なのです。

2003年の6月

稽古場にセットを組んで

アトリエ公演として上演しました。

狭い空間で小劇場のような雰囲気、

笑いと熱気に包まれたのを思い出します。

5年ぶりの再演

今度はACM百人劇場

演出も大胆にリニューアルされる模様

ちょっと怖いけど

がんばりますよ!

──────────
喜劇『スリッパ、誰の?』

2008年6月10日~22日

水戸芸術館ACM劇場

水戸芸術館HP:http://www.arttowermito.or.jp/
制作担当者ブログ:http://www.arttowermito.or.jp/blog/tsujimoto/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スリッパ、誰の?』日記1

リリイさん、コメントありがとうございます。これから本番まで、ハードなスケジュールになりますね。スタッフたちも奮闘中です。お互いがんばりましょう!!

くみ様、コメントありがとうございます。実は『スリッパ、誰の?』はすでに稽古に突入しております。ご期待を!

『スリッパ、誰の?』

イギリスの劇作家

アラン・エイクボーンの喜劇です。

アラン・エイクボーン戯曲集 アラン・エイクボーン戯曲集

著者:アラン エイクボーン
販売元:新水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

彼は1939年生まれで存命中、

喜劇やしみじみとした作品、ファミリィ向けなど

さまざまな作品を生み出しています。

日本ではあまり知られていませんが、

海外の演劇の中では相当有名らしいです。

ACM劇場での『スリッパ、誰の?』は

近藤弘幸さんの訳です。

耳に入りやすい良い訳だと思います。

上記の戯曲集の中では

『こちらがあたしのお父さん』というタイトルになっています。

興味のある方は読んでみてください。

─────────────────
喜劇『スリッパ、誰の?』

2008年6月10日~22日

水戸芸術館ACM劇場

水戸芸術館HP:http://www.arttowermito.or.jp/
制作担当者ブログ:http://www.arttowermito.or.jp/blog/tsujimoto/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『スリッパ、誰の?』出演決定!

いろはっちさん、コメントありがとうございます。春になっての抹茶も良さそうですよ。

今のお仕事は

水戸子供演劇アカデミー卒業公演

『星の下、青い夜の王国』の裏方手伝い。

080323_10230001 硬派(?)な長谷川氏の

ファンタジックな作品で

感動的です。

残念ながらチケットは

売り切れてしまっているので

これから見たいという方には

ごめんなさいです。

お知らせ!!!

ACM劇場6月公演

『スリッパ、誰の?』に出演決定いたしました。

080323_10240001 ≪作≫

アラン・エイクボーン

≪演出≫

松本小四郎

≪出演≫

塩谷亮 中野智美 小林祐介 堀口理恵 遠島立夫 大内真智 他

≪会場≫

水戸芸術館ACM百人劇場

≪公演日≫

2008年6月10日(火)~15日(日),17日(火)~22日(日)

(火)(木)(金)(土)は19時開演、

(水)(日)は14時開演です。

≪料金≫

全席指定(一般2000円、学生1800円)

チケット発売:3月29日!!

≪問合せ≫

水戸芸術館ACM劇場 029-227-8123

制作担当者ブログ:http://www.arttowermito.or.jp/blog/tsujimoto/

みんな見に来て!よろしく~お願い~しま~す!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水戸紹介4「梅菓子③」

いろはっちさんからのご紹介

木村屋本店の「水戸の梅」

早速買いに行きました!

080318_05570001 1個90円で

駅で売っている水戸の梅より

小ぶりです。

小豆あんが多めに入っていて

求肥(ぎゅうひ)は少なめです。

とても上品で美味ですね。

僕はこれから

東京などへのおみやげの一つとして

使おうと思います!!

お店は水戸市南町

水戸中央郵便局の向かい側

古い魚屋の隣の小さなお店です。

水戸においでの際はぜひご賞味ください。

僕もおすすめします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水戸紹介3「梅菓子②」

TOMOさん、コメントありがとうございます。好文亭(こうぶんてい)→吐玉泉(とぎょくせん)→歴史館(れきしかん)というルートですね。僕も試してみます。みなさんもどうぞ!

いろはっちさん、コメントありがとうございます。木村屋本店さんというと銀杏坂にある小さな和菓子屋さんですよね。見てみます。こちらもみなさんお試しください。

水戸の銘菓「水戸の梅」

●井熊総本家

●亀じるし

●あさ川

それに、いろはっちさんおすすめの

●木村屋本店

と各社から出ています。

白あんを求肥(ぎゅうひ)で包み、しその葉で巻いたお菓子です。

100年以上歴史があるそうです。

甘酸っぱくておいしいのですが、僕には

1.サイズ

「一つで満足」というより、1/3か1/2の大きさで数個食べられるといいな。

2.組み合わせ

のし梅や梅羊羹とのセットだと梅×梅でちょっと…。思い切って「2センチ角の沢庵漬け」とセットにすると、お茶が楽しいのでは?

3.パッケージ

女子高校生が思わず買ってしまうようなキャッチーなパッケージだとお茶の話題になるし記憶にも残るのだけどなあ。

社長!「水戸の小梅ちゃん」いかがでしょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸紹介2「今だ、水戸へ行こう!」

僕の水戸、再認識の旅。

偕楽園へ行ってまいりました。

080313_13320001 今は、梅まつり(~3月31日)の最中です。

平日にもかかわらず

結構な人出でした。

出店も出てて、

イカ焼きの匂いに浮かれ気分でした。

前回紹介した水戸菓子も販売していて

各店の「水戸の梅」食べ比べなど

楽しいですよ。

080313_15050001 次に寄って欲しいのが

我が水戸芸術館。

美術ギャラリーでは

「宮島達男展Art in You」が

行われています(~5月11日)。

梅花を見た後にデジタル作品群を見ると

何とも体内がいい感じですよ。

で、今日最大のおすすめは

ギャラリー第9展示室で行われている

「飯田淑乃展」

080313_15090001 久しぶりに笑いました。

ぜひ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水戸紹介1「梅菓子」

gao-gaoさん、コメントありがとうございます。大学在学中は暗黒舞踏が大好きでスキンヘッドにしていることが多かったです。バンダナはたぶんNY柄です。「森林公園」チェックしてみます!

日経新聞土曜版2008年3月1日号

NIPPONスイーツ紀行-22で

水戸の「梅菓子」が紹介されました。

これが僕が水戸を再認識しようとしたきっかけです!

水戸の梅」や「のし梅」、「梅羊羹」など

あまりに身近にあって

しみじみ食べたことがありませんでした。

これらが結構有名だったとは……。

宝物というものは

意外と近くにあるものかもしれませんね。

さっそく買いに行ってきます!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水戸のこと教えて!

くみさん、コメントありがとうございます。実は僕も水戸版『恋する妊婦』結構好きです。

最近、水戸のことがもっと知りたくなっています。

僕は高校卒業まで北海道で過ごしました。

大学受験は思うようにいかず、

希望校はすべて落ち、失意の果て

2次募集で茨城キリスト教大学文学部に

入学しました。

そこで偶然、演劇に出会ったのが運の尽き(?)

もう20年近く芝居とお付き合いしております。

大学を5年(!)で卒業し、

1年バイトして、

1992年、第2期のオーディションに受かって

劇団ACMに入団いたしました。

それからですから水戸には十数年いるわけですが、

忙しいことが多く、水戸のことを詳しく知る機会を逸してました。

これから少しずつ調べて

ブログで紹介しようと思っていますので、

みなさん色々教えてください!

よろしくおねがいします~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『恋する妊婦』感慨……

いろはっちさん、コメントありがとうございます。『棒チャンバラ』センターにいるのは「お父さん」です。(笑)

『棒チャンバラ』を終えた次の日、

渋谷のコクーンに岩松了、作・演出

『恋する妊婦』を見てきました。

080223_13350001

劇場は満員で

2階席の一番後ろのシートでは

かなり遠かった!

実はこの作品、

1994年に水戸芸術館ACM劇場で初演されたものなのです。

今回のセットや演出はあえて13年前と同じにしたらしく

僕は出演した当時のことを色々と思い出して感慨……。

共演者たち、岩松さんのダメ出し、

そして27歳だった僕。

初めて挑戦した弾き語り、……ダメだったなあ~。

終演後、岩松さんに挨拶に行ったら、

ガチガチに緊張してしまいました。

当時のダメ出しされているときの身体になってしまったのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »