« 水戸紹介2「今だ、水戸へ行こう!」 | トップページ | 水戸紹介4「梅菓子③」 »

水戸紹介3「梅菓子②」

TOMOさん、コメントありがとうございます。好文亭(こうぶんてい)→吐玉泉(とぎょくせん)→歴史館(れきしかん)というルートですね。僕も試してみます。みなさんもどうぞ!

いろはっちさん、コメントありがとうございます。木村屋本店さんというと銀杏坂にある小さな和菓子屋さんですよね。見てみます。こちらもみなさんお試しください。

水戸の銘菓「水戸の梅」

●井熊総本家

●亀じるし

●あさ川

それに、いろはっちさんおすすめの

●木村屋本店

と各社から出ています。

白あんを求肥(ぎゅうひ)で包み、しその葉で巻いたお菓子です。

100年以上歴史があるそうです。

甘酸っぱくておいしいのですが、僕には

1.サイズ

「一つで満足」というより、1/3か1/2の大きさで数個食べられるといいな。

2.組み合わせ

のし梅や梅羊羹とのセットだと梅×梅でちょっと…。思い切って「2センチ角の沢庵漬け」とセットにすると、お茶が楽しいのでは?

3.パッケージ

女子高校生が思わず買ってしまうようなキャッチーなパッケージだとお茶の話題になるし記憶にも残るのだけどなあ。

社長!「水戸の小梅ちゃん」いかがでしょう!!

|

« 水戸紹介2「今だ、水戸へ行こう!」 | トップページ | 水戸紹介4「梅菓子③」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/486750/11444461

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸紹介3「梅菓子②」:

« 水戸紹介2「今だ、水戸へ行こう!」 | トップページ | 水戸紹介4「梅菓子③」 »