« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

やさしさは勇気

6月、ACM劇場公演『襤褸と宝石』打ち上げの次の日、

僕は酔いと疲れが取れぬまま、

参考文献を探しに向かいました。

斎藤隆介『モチモチの木』を脚色する準備のためです。

第一稿の締切は7月20日、

稽古用台本のアップが8月15日、

今年は夏遊びは皆無でした。

斎藤隆介作品と向き合いながら

自分が「やさしさ」というものを忘れていることに

胸苦しさをおぼえるようになりました。

図々しく、荒っぽくふるまうことが

不景気な今を生きる常識なのです。

電車の長シートには

高校生、オジサン、オバサン、若い女性も

自分のために広々と座席を占め、

乗ってきた人の為に「どうぞ」と

席をつめることをしようとしない。

そして、

目の前の年寄りに席をゆずることを

すっかり忘れていた僕。

「やさしくするものは馬鹿だ」みんなが思っている。

だが、むなしい人生に

温かみを与えてくれるのは

唯一「親切心」である。

『モチモチの木』は教えてくれました。

花さき山 英語版 (R.I.C Story Chest)

(英語版の表紙)

斎藤隆介・滝平二郎に『花さき山』(岩崎書店)があります。

「この 花さき山 いちめんの 花は、

みんな こうして さいたんだ。

つらいのを しんぼうして、

じぶんのことより ひとのことを おもって

なみだを いっぱい ためて しんぼうすると、

その やさしさと、けなげさが、

こうして 花になって、さきだすのだ。」

071127_13050002 われわれは

人にやさしくすることを

思い出し、

子どもたちに伝えることができるのだろうか。

小学校の体育館で立ち尽くす「じさま」の僕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『12ライアーズ』情報!

2008年1月ACM劇場プロデュース公演

『12ライアーズ─評決者たち─』

≪作・演出≫

長谷川裕久

071128_14210001

「少年のナイフによる殺人事件をめぐって

密室に集められた12人。

嘘の中の真実、真実から出た嘘、

それぞれの思惑から評決への時間が始まる。

はたして被告の少年は有罪か?無罪か?」

≪出演≫

久保井研  辰巳蒼生  中村栄美子  江川泰子  大内真智  中林達也  川崎賢一  長谷川葉月  塩谷亮(ACM)  遠島立夫(ACM)  小林祐介(ACM)  澤田考司(ACM)

≪会場≫

水戸芸術館ACM劇場

≪公演日≫

2008年1月18日(金),19日(土),20日(日)

1月25日(金),26日(土),27日(日)

2月1日(金),2日(土),3日(日)

(金)(土)は19時開演、

(日)は14時開演です。

≪料金≫

全席指定(一般3000円、学生2000円)

チケット発売中!!

≪問合せ≫

水戸芸術館ACM劇場 029-227-8123

みんな見に来て!よろしく~お願い~しま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訪問公演終了

12校、全15ステージ、

ほぼ1ヶ月間かかった

2007年度の訪問公演が

昨日、無事終了しました。

台本作りから数えると5ヶ月間、

やっと一息つけそうです。

しかし、3日後には

『12ライアーズ』の稽古が始まるう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の面白本1『「ブログ」入門』

「ホームページ作るより

ブログの方が簡単だよ!」

そうは言われても

一歩が踏み出せなかった。

でもこの本を読み終えて次の日に

ブログ立ち上げました!

「ブログ」入門―50代にもよくわかる (ベスト新書) 「ブログ」入門―50代にもよくわかる (ベスト新書)

著者:滝田 誠一郎
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

具体的に手順を追っているので

気持ちとしても

納得して始められました。

これからは──

「やさしい文章」「具体的」「手順を追う」

こういった本が求められるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『12ライアーズ』に出演!

昨日、コメントを送ってくれた「しんさん」

こちらのミスでコメントが消えてしまいました。

ごめんなさい。

内容はきちんと読みました。

これからも

コメント送ってください。

僕の次回出演作品が決まりました。

来年(2008年)1月18日から

水戸芸術館ACM劇場で始まる

『12ライアーズ』という芝居です。

作・演出は長谷川裕久氏です。

昨年の『麗しのハリマオ』以来

1年ぶりです。

今回もがんばりますよ。

さて今日の訪問公演先は

水戸インター近くのT小学校。

つきたてのモチは出るし

子どもたちの暗唱発表はよかったし

珍しくジェットヒーターがあって

体育館は暖かったし

で、充実した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの「元気芝居」は?

あなたの「元気芝居」は何ですか?

「元気芝居」とは

見終わった後に「よし、明日もがんばって生きていこう」

と思える芝居です。

そんな芝居に出会った時は

劇場から出ると

見慣れた街が

違って見えて

とても清々しい気分です。

僕のは1980年代後半に見た

「転位21」という劇団の一連の芝居でした。

紀伊国屋劇場で観た『マーちゃんの神曲』は

衝撃でした。

それと同時期くらいに観た

筑波の「O次郎」という劇団の芝居です。

2作ともいわゆる「お芝居」という演劇では

ありませんでした。

アングラ寄りなのかもしれませんが、

カッコよかったんですよ、

僕にとっては。

あなたの「元気芝居」

もしよければ教えてください。

いま僕たちのやっている訪問公演

『モチモチの木』も

子どもたちの元気芝居になればいいのですが、

どうでしょうか。

今日はI小学校、明日は水戸インターの近くのT小学校です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気芝居!

僕の目指している演劇作品は

ずばり「元気芝居」。

芝居を見終わった後に

「よし、明日もがんばって生きていこう」

と、腹の底から思える作品です。

なかなか難しいんだけど、

実現させたいです。

そんな思いで今日も訪問公演に

行ってきました!

今日は水戸市森林公園の近くにあるY小学校。

全校生徒33人という人数にびっくり。

今まで100~500人の前でやってきたので

正直とまどいました。

でも校長先生はじめ先生方、

みなさん優しい方ばかりでよかったです。

出してくださったリンゴ

おいしかった。

明日は那珂川の近くのI小学校です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何時間、働く?

朝の4時半に起きて

ストレッチ。

シャワーを浴びて、

6時に芸術館入り

6時半にH小学校に向けて出発。

7時から仕込みに取りかかりました。

そして11時と1時30分からの公演、バラシ、積み込み、移動。

帰館後、幼稚園児のための企画の資料集めと……。

脳みそフリーズ寸前です。

ACMではこんな日、結構あります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

超早出

今日は水戸市内でも大きな

M小学校で2回公演に行ってきました。

明日はH小学校です。

2回公演で、当日仕込みなので

朝6時半に芸術館を出発です。

ということは……、

明朝は何時起き?

早寝します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斎藤隆介『ふき』

今日は水戸駅近くのJ小学校に

行ってきました。

元気な子が多く

なかなかの苦戦でした。

終演後、バラシて

明日公演のM小学校に仕込みをしてきました。

さて、この前は斎藤隆介の『モチモチの木』を

紹介しました。

今日は僕の大好きな作品の一つ、

『ふき』です。

ふき (えほん・ハートランド) Book ふき (えほん・ハートランド)

著者:滝平 二郎,斎藤 隆介
販売元:岩崎書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「とうちゃんのかたきは、おらひとりでうつ。

おにをさがしてくれろ。

さがしだしたら、

おらをそこへつれてってくれろ、

それだけでいい」

父を青鬼に殺されたふきは大太郎に頼みます。

その決心の強さ、

そしてついに青鬼発見の報が入ると、

「山をあらすやつ、

人をころすやつ、

とうちゃんのかたき、

おらと死ね!」

かんざしを逆手に持ち、

「さいなら!」と大太郎にいうと、

山頂から中腹の青鬼めがけて

突入していきます。

その勢いで雪山は雪崩となり

青鬼もろとも谷底に落ちていきます。

この凄まじさ、切なさ、

なんともいえない読後感。

ぜひ、読んでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『モチモチの木』原作

『モチモチの木』をおぼえているでしょうか?

僕は絵本の中で

暗闇に浮かびあがる木の

挿絵しかおぼえていませんでした。

今年『モチモチの木』を芝居にするために

読みかえしてみると、

これがなかなか良いのです。

最近の絵本は

都合の良すぎるストーリーか、

あるいは、ナンセンスものが多いので、

人間をじっくり描いた斎藤隆介作品には

感銘を受けました。

ぜひ読んで見てください。

モチモチの木 Book モチモチの木

著者:斎藤 隆介
販売元:岩崎書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は水戸インター近くのS小学校での公演でした。

元気のよい子どもたちが多かったです。

最後にみんなで歌う♪「やさしさは勇気」

よかったなあ。

ありがとう、S小のみんな。

僕は明日、ダンスのワークショップに参加して

踊りの勉強をします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな活動してる?

僕の演劇活動は……

①芝居づくり

②普及活動

③教育活動

を基本に考えています。

この3つが互いに影響しあい

ダイナミックな広がりを持つといいなと思っています。

例えば現在たずさわっている小学校訪問公演は「②普及活動」ですが、

今年の新作『モチモチの木』は「①芝居づくり」によって生まれました。

今後、ワークショップ等の「③教育活動」と結びつくにはどうしたいいいか?

考え中です。

皆さんはどんな演劇活動してます?

コメントよろしく!

さて、今日はW小学校2ステージ終え、明日はS小学校公演です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「世界へGo!」とは

僕のブログの副題は

「水戸から世界へGo!」です。

昭和風でかっこ悪いという意見もありますが、

僕はこれがいいんです。

「世界」とはもちろん「海外」という意味ではあるけれど、

小学校の訪問公演も「世界」なのです。

だから、だから訪問公演もツアーと呼びたいです。

(水戸市内という小さい「世界」ではあるけれどね)

今日はK小学校の公演を終えて

バラシの後、すぐに明日の公演先

W小学校へ行って仕込みでした。

なんと明日は2ステージ(午前と午後)です。

ね、ツアーみたいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学生のための演劇鑑賞会

先月の31日から始まった訪問公演。

正式には「小学生のための演劇鑑賞会」といいます。

2004年度より始まり

今年で4年目です。

水戸市内の小学校すべてを

2、3年でまわり、

芝居を上演します。(現在2順目)

僕は2003年度に一度退団し、

今年度から復帰したので、

初めての参加です。

不安なこと結構ありますよ。

明日は50号バイパスに近いK小学校です。

【お知らせ】

明日11月7日水曜日、

11:02AMより

IBS茨城放送

ラジオ1197Hzで

生放送があります。

ぜひお聴きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい体育館

O小学校に行ってきました!

児童数があまり多くない学校でした。

体育館も小さくてかわいらしかったです。

子どもたちは

とても落ち着いていて

面白がったり

真面目に見てくれたりと

とても良い感じでした。

きっと先生方の接し方が丁寧なのでしょうね。

また行きたくなりました。

明日は久しぶりにOFFです。

今晩はガッツリ飲むぞ!

071031_12410001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »